イベント情報

【ホエールウォッチング】体験記!

沖縄の冬~春先の海と言えば
『ホエールウォッチング』ってな訳で、行ってみました。

DSC_2185

DSC_2167

DSC_2180

前日夕方に予約入れても間に合いました♪

当日朝、天気よし!
ホムペにあったアドバイス通り念のため防寒用(海上は寒い場合有)に
1枚余計にウインドブレーカーを着用し、
足元は動きやすいスニーカーで、向います。

午前便の集合は三重城港に朝8時半集合。
那覇市内各ホテルからの無料送迎バスもあるとのこと。
参加費4500円を支払い、申込&誓約書に記入して、しばし待てば、
参加者続々到着、気が付けば結構な人数!さすが大手さん、集客力が違います。

三隻に分乗し、慶良間諸島を目指し出発です。
他の二隻はカタマラン(双胴船)、小生が乗った船だけは胴体ひとつの通常タイプ。
カタマランの方が揺れが少ないと聞いていたので、
船酔いが気になるチキンな小生はちょいと心配に。

他のお客さんやスタッフさんと話してるうちに、
あっという間に(30分位話してたかな?)ポイントに、一番に到着!
さすが通常船、カタマランより船足速い!
ポイントに着くと、船内好きな場所で観て良いとのことで
小生は2階角に陣取ります。

目を凝らし探し始めて数分間後…。
ガイドさんの『はい、左9時の方向ですよー!』の声に
従いそちらを見てみると…

鯨が巨体をうねらせながら登場!!!

…したかと思いきや

『ぶしゅー』という大きな音立てて潮吹きながら
するするなめらかに海中にダイブ!

思わず自然と『おおぉぉっー!!!』と声出ちゃいます。

その後も、数分間隔で何度も鯨の登場です!

母親鯨と子ども鯨、母親にお近ずきになりたい雄鯨計三頭が

後ろから、左から、右から、と船の周りをまわるように
代わる代わる何度も、遠くに、近くに登場します。

カタマランの二隻も気がつきゃ到着してました。

ガイドさんの話だと今日の鯨は人懐っこくサービス精神旺盛だとか。

途中、すぐそこに鯨が現れたとき
小生は鯨が吹いた『潮』を頭から浴びちゃいました。
なんでも、潮を浴びると今年一年幸運だとか!!ラッキー!

そんなこんなで鯨見学をたっぷり堪能してから港に戻ります。

あ、気にしてた船酔いも全く大丈夫でしたねー♪

戻ったのは昼12時前位であっという間の、とても濃厚な約三時間でした。

これぞまさに『非日常』!いい経験させてもらいました!

ホエールウォッチングは3月いっぱいまでが見頃とか。
残り期間は短いですが、ご都合つく方は沖縄来て

エアポートイン那覇に泊まって無料送迎バスに乗って
ホエールウォッチングに参加してみませんか?

一生記憶に残る『非日常体験』!!【超】オススメですよ。

【開催会社】 NEWS(ニューズ)様
【ホムペ】  http://www.tms-news.jp/whalewatching/

【開催場所】『三重城港』
【当ホテルから徒歩約20分※無料送迎バス有り 】

エアポートイン那覇に宿泊してホエールウォッチングを楽しもう!

ホエールウォッチングが行われる三重城港へ

無料送迎バスを利用すればわずか5分程度の近さ!港までラクラク!レッツゴー!

リーズナブルに宿泊できますので、浮いたお金で思う存分にクジラ見学を満喫できるはず!

関連記事

  1. 那覇マラソン
  2. 【ビオスの丘 ナイトツアー】
  3. 梅雨明けしました~
  4. 那覇唯一のビーチ
  5. うちなーTシャツコーナーを設けました
  6. 第45回那覇ハーリー‼
  7. 【巨人キャンプ真盛り!】
  8. お得な沖縄路線バス周遊パス
PAGE TOP